気になる学資保険っていったいどんな保険?安いの?高いの?

子ども育てるうえでだいたいの人が悩むお金のこと。子どものための教育資金をどのように工面していけば良いのか考えますよね。そんな時にあると助かるのが学資保険です。しかし、いざ子どものために学資保険を検討しようとしてもいったいどんな保険なのか気になりますよね。

今回は学資保険とはどのようなものか具体的に見ていきましょう。

学資保険とはなにか

子どもの教育資金を準備するための保険が学資保険です。加入すると毎月保険料を支払う代わりに、子どもの成長に合わせ決めたタイミングで保険金を受け取ることができます。また、親が亡くなった場合や子どもが病気になった場合に保証がある特約も付けることができるものもあります。

どんな人が学資保険に加入すべきか

学資保険は子どもが複数人いたり、何度も受験をしたりするといった教育資金の負担が大きい方に向いていると言えます。また、貯金が苦手な方にもオススメです。例えば、子どもの教育資金の準備は何年もの先を見越して行う必要があります。

学資保険なら毎月自動的に口座から引き落とされていくので、自分で貯金額を考えたり、貯金をしたりする必要はありません。さらに、月々の保険料がそこまで高くないものや、保障はやや手薄ですが安い保険料で貯蓄したい人向けの保険なども増えているので無理なく教育資金を貯められるでしょう。

学資保険のメリット

毎月決まった額が引き落としされていくので、お金を確実に貯めることができるのが学資保険のメリットです。参考サイト...【 学資保険ランキング早見表 】加入者が語る学資保険メリット・デメリット

そして、契約のときに決めた金額を必要な時期に受け取ることができます。また、学資保険では、受け取る金額が支払った金額を上回ることが多いので資産運用として活用できる場合もあります。加入前に返戻率をしっかり確認しておくと良いでしょう。

払い込み満期を伸ばせば保険料を安くできるものや、月の保険料が安いにも関わらず返戻率が高いものなど様々な種類から選択できます。

学資保険のデメリット

学資保険では払い込んだ保険料を途中で自由に引き出すことはできません。もし途中で解約すると、支払った金額よりも低い金額しか戻ってこないことのほうが多いです。また、インフレや物価の変動弱いといったこともデメリットの一つです。

さらには、保険会社が破綻すると、支払った金額が戻ってこなくなるというリスクもあります。

加入するとき注意すること

学資保険には満期の時期をいつにするのかよく考えて加入する必要があります。どのタイミングでいくら必要になるかを見極めて加入することが重要です。中学、高校、大学の時期に分割して払われるもの、大学進学時にまとめて払われるものなど様々なパターンがあるので家庭の事情に合わせて選びましょう。

また、医療保障や保護者の保障などの特約も付加できるので必要かどうかよく検討することも大切です。特約によっては値段も変わってきますので、よく確認しましょう。

たくさんかかる教育費

子どもの教育費はたくさんかかりますが、いろいろな方法で教育資金を貯めることができます。学資保険もその一つです。そんな学資保険にはメリットもデメリットあります。もし加入する場合は家庭の事情に合わせて、月の保険料が安くなるものを選ぶのか、特約を付けて保障を手厚くするものを選ぶのか検討してみてください。

自分で考えるのは不安、という人は一度保険のプロに相談してみるのも良いかもしれません。